OPP袋の利用方法とその種類の豊富さは?

OPP袋は日常生活内に於いて沢山のものがあり、溶け込みすぎて気に留められない程に普及しています。このOPP袋は一体どんなものか、またどんな種類があるか、その幅広さをご紹介いたします。

サイズが豊富で、シンプルゆえに便利すぎるOPP袋の魅力

OPP袋

種類豊富で利便性の高いOPP袋

日常生活で思いつく袋は様々で、特に目につくものではレジ袋、ごみ袋など使用するものが殆どとなっています。
ですが実際はそれらが最も使われているのではなく、OPP袋の方が使われている場面が多いといえます。
OPP袋は基本的に工場出荷の段階で使われている事が多く、私生活で使う場合はラッピングなどギフトを贈るシーンや、またフリマサイトなどで発送の際に使いやすい袋として使われていることが多いですが、実際はそれらだけではなく店頭にも、コンビニを見れば沢山のOPP袋の使用、そして花屋のラッピングや他にもハンドメイド作家さんの商品保護、梱包などの現場にも使われています。
基本個人の利用というよりも商品の梱包、包装に利用されていることが多く、実際気になりにくいですが実は最も使われている袋であるといえます。
またOPP袋といってもさまざまな種類があり、形状やサイズ、厚みも様々な種類があるため一見OPP袋に見えないものであってもそれはOPP袋の種類の一つであるという場合もあります。
OPP袋は透明度の高い、伸縮しないフィルムを袋状に加工したものという定義がありますが、それは加工もしやすいものなので包装する商品に合わせた加工も行われています。
そのため透明度の高いフィルムにアルミを蒸着させて透明度を無くしたもの、またプリント加工を行ったもの、ほかにも陳列の時を考えてヘッダー加工されたものもあります。
他にも厚みがあるものを包装するためにもマチつき加工をしたものもあり、そういったものは本の包装などに使われやすく、ライブのパンフレットの包装などにも使われているので印刷所で利用されている場合もあります。
OPP袋は業種、商品関係なく利用されているものなのでとても用途の幅が広いです。そのため沢山のサイズ、厚み、形状が用意されており、もしほしい種類がなかった場合でも別注品として注文することで適した形状のOPP袋を納品してもらえるようになっています。
パックインパックは商品のサンプルを参考にすることで最も適したサイズのOPP袋の別注品を生産、納品も行っており、勿論それは大口依頼として受け付けています。
100枚、1,000枚、10,000枚でわけた発注数の中で必要な個数分発注できるため、別注品も同じように別途見積りの上発注できます。
もともとの素材がとても加工しやすいという特徴があるので融通がきき、工場生産段階でさまざまな加工が施せるためこれらが可能となっています。
食品梱包用の袋の場合防曇加工のものや、また店頭陳列用目的ならヘッダー加工だけではなく商品名の印刷を施せるよう加工されたものもあり、OPP袋はそれだけで商品をよりしっかりと包装してお客様に購入していただけるクオリティのものとして出すことができるようになる、そんなラッピング袋です。
OPP袋のヨレにくいなどの特徴がよりこれらラッピングに向いており、このおかげでパリッとした見映えのいい仕上がりになるのがメリットです。
汎用性が高くさまざまな場面で日常生活に溶けこんでいるOPP袋は一見目立たないものですが用途が広すぎるゆえだといえます。
それだけ使用用途が広く使いやすいものとして普及しており、それ故にたくさんの種類が生産されています。
故に個人で利用する場合でも利用しやすく、使いたい用途によって必要な枚数だけを購入できるようになっています。
また勿論大口の個数の方が安くはなっているものの、個人で利用したい30枚程度の少ない枚数のものも安価になっており、1パック100円台で販売されていることが殆どです。
ちょっとしたイベントでの包装用にも重宝されていますので個人、法人問わず使用しやすいのがOPP袋となっています。

オーダーメイドも出来るOPP袋

OPP袋の利用方法はたくさんあり、一口では言えないほどとなっています。
特に多い現場というものもないくらいに普及しているOPP袋は工場出荷段階ですでに使用されている場合も多く、個別包装の場面でもほとんどの場合でOPP袋を利用されています。
雑貨などは勿論食料品、アパレル、CDやDVD、書籍などさまざまなものの包装に使われているOPP袋は商品に合わせて生産することも可能で、メジャーなサイズ展開から陳列用のヘッダーつき、マチ付き、ほかにも別注を行えばハート型などデザイン性を重視した形、商品サンプルを送ればそのサイズに合わせたOPP袋の生産も行ってくれるため、もし適した形がない場合は一度電話で問い合わせを行うのをおすすめいたします。
パックインパックでは工場との相談も行っていますので、よりお客様がお求めのOPP袋をご用意しやすくなっており、欲しいサイズがあるたびにご相談、お見積りを行っています。
またほかにもOPP袋をフィルム状のままで提供することもあり、一枚のシートを購入することもできます。
OPPは透明度の高いフィルム状のビニール、これは生花のラッピングにも利用しやすく、それ以外にも誕生日ギフトのラッピングで使う飾りなど、店頭でのギフト包装にも幅広く使われています。
単純な透明のフィルムですが伸縮性がなくパリッとした仕上がりのラッピングになるそれは汎用性がとても高くあらゆるギフトの現場で有効活用されています。
普通の店頭に陳列される商品の機能的な包装からギフト用の包装まで幅広く使えるそれらは、目的によってはさらに広い使用用途があります。
また安価なので個人で購入して利用するのにもとても利用しやすいです。
機能性の部分でもデザイン性の部分でも両方の面で活用できるのがこれらOPP袋です。

OPP袋に入れるだけで上品な見映えに!

OPP袋は伸縮しない性質なため、しっかり包装するもののサイズに合わせて大きさをえらぶのが大切です。
OPP袋はどんなものを包装するかなどは決まっていないものです、そのため幅広いサイズ、厚み、形状があるのが特徴で、それらは個人法人問わずに購入しやすいものとなっています。
また中身が丸見えではあまりよくない、そういったものを包装したい場合でもアルミ蒸着された中身の見えないOPP袋もありますので適したものを利用していただけます。
使用用途によってサイズなどを合わせていただければあとはアレンジなども利くOPP袋、機能面を重視することもデザイン面を重視することも使用される方によって全く違う活用方法ができるのがメリットです。
伸縮しないという点で破れやすいという欠点はありますが、きちんとサイズを合わせて使うとパリッとした仕上がりとなりますので見映えもよく仕上がります。
少し折ったりなど工夫して包装し、リボンで包装するだけでも見映えに歴然の違いが出るというのがOPP袋のメリットです。
普段そういったラッピングが苦手、という方にも失敗しにくいので使っていただけやすくなっています。
柄ありのものもありますが基本透明のフィルム状のものを袋に加工している単純な作りのものなため、中に入れているものを邪魔せず、また機能性の部分を見てみても開封しやすく邪魔になりにくい、そんな包装用の袋となっています。
細長い形状や三角袋など、決まった用途のものにも対応した形状のものもありますので、使用するものの形状に併せて使いやすく、また利用する現場によって大口での購入も小口での購入も承っている、購入及び利用しやすいものがOPP袋です。